本文へスキップ

新しい視点で中小企業の経営改善をお手伝いする 確定拠出年金推進協会

確定拠出年金とはWhat is 401K?

確定拠出年金とは

確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん)(DC, Defined Contribution Plan) とは私的年金の一つです。現役時代に掛け金を確定して積立て(拠出という)、その資金を自分で運用し損益が反映されたものを老後の受給額として受けとる年金です。すなわち、掛け金は確定した額と決まっているが将来の受給額は自分で運用するため未確定となります。「日本版401K」とも言われています。

2001年10月から「確定拠出年金法」の施行によって始められました。年金資産を加入者が自分で運用し、その結果の損益に応じて年金額が決定されます。年金資産が個人別に区分され、残高の把握や転職時の資産の移行が容易に行え、 企業規模を問わず実施することが可能です。 自営業者等が各個人で掛け金を支払う「個人型」と、企業年金としての「企業型」の二通りがあります。
会社の都合で後から減らされたりしないし、「自分で払ったものは、あくまで自分の物」が前提です。

選択制確定拠出年金の特徴

選択制確定拠出年金は、給料の一部を年金として積み立てる制度です。また、運用益は、年金を受給するまで課税されることはありません。加入者は、60歳になった時に、年金で受け取るか一時金で受け取るかを選択できます。

経営者のメリットとコスト

「確定拠出年金を導入している企業」ということで、信用力も高まり、優秀な社員の獲得・定着につながります。



導入コストは、50,000円(税別)
以降、月額基本手数料5,000円+加入人数に応じた手数料がかかります。
詳しくは、確定拠出年金アドバイザーにご相談ください。
  • 手企業等で実施されている制度と同じしくみが中小企業でも実現できます。
  • 人数の制限なく加入できます。
  • 事業主が掛金全額を負担しないでも実施することが可能です。
  • 加入する・しない、掛金の額は社員の自由意思で選択できます。
  • 社員が年金不安に備え、最高に優遇された環境で貯蓄・運用を行えます。

加入者のメリットと注意事項

活動報告写真

「総合型確定拠出年金制度」は、加入者が
@ 確定拠出年金制度に加入するかしないか
A いくらを年金として積み立てるか
を、加入者の意思で「選択」できます。

老後の資金として、早いうちに「増やす」為の準備をしましょう。運用プランや掛け金の増額・減額もライフステージによって、自由に変更できます。また、預金でも投資信託でも、社員が個人で蓄えるよりも、断然有利に将来に備えられます。
但し、積み立てたお金は60歳になるまで引き出しはできません。

加入者のシミュレーションは、こちら


一般社団法人確定拠出年金推進協会

〒112-0004
東京都文京区後楽2-2-14 
トータスビル1階
TEL 03-5689-3358
FAX 03-5689-3346